トップに戻る   2018 2019  2020

2021年 JPC

 2021.3.2 第4回月替えくす玉コレクション(イルージョン)
2021.3.2
3月は3月3日のお雛祭りがあるからと、イルージョンという風通しのいい30ピースくす玉を選んで、中にいろいろお楽しみのものを入れようともくろみました。皆さん中々器用に大小さまざまなものをこしらえてくださり、感心しました。撮影の折り、中から何が出てくるのか楽しみでした。鈴などの鳴り物入りのものもあって、アイデアだなと思いました。 
J-Medicは、折り紙サイズは同じですが、外のイルージョンは30ピース、中の千変万化の3は12ピースというように、少しサイズダウンしてなかに詰め込みました。千変万化の中では3が一番可愛らしいように思います。あと、イルージョンのほうは水玉模様の折り紙をあちこちに散らすと地味に目立って、どれが自分のかよくわかって、老眼の私にとっては良かったです。 さて、問題のピアノのビデオ撮りですが、日に日にヘバーデン結節やブシャール結節がひどくなり、そういうものの痛みのせいにはしたくないのですが、ピアノに向かうモチベーションが駄々下がり。はっきり言ってピアノ珍道中発表会も、春はもちろん秋も無理かもしれないとなると、どうしてもほかのものに優先順位が行ってしまう。この写真でも、右手は「もしもピアノが弾けたなら」を弾いているのですが、左手はただ鍵盤に置いているだけという体たらく。横で見ているイルージョンが「しっかりせーよ!」とはっぱをかけてくれているというのに。
 2021.2.4 第3回月替えくす玉コレクション(テンペルスイフト)
2021.2.4 2020年以来コロナ禍による3密を避けるため当分の間は集まってのイベントの開催は中止せざるを得ないと決めて、それなら個人プレイのイベントのようなものができないだろうかと考えていた。そのきっかけとなったのが、去年忘年会ができなくて、せめて2020年の思い出に残るものができないかと考えたのが、年間メモリアルとポップアップスターのくす玉作りだった。この時はそれ以外に宝箱なるものを作ったりもした。くす玉にはクリスマスの飾りにもなるように、クリスマスの雰囲気をまとわせてもらった。引き続きの2021年1月には毎年やってきている『隙間脳トレ作品の展示会』。そこでも、くす玉を作ってもらった。チューリップという30組。それにはおめでたい雰囲気をまとわせてほしいと、水引の飾り結びを飾ってもらった。その時が、「飾結びをJPC道場脳トレに加えよう」と決めた瞬間だった。そして今2月。ちょっと組み方が困難なのを承知で、テンペルスイフトに挑戦してもらった。思ったよりすいすいと組んでいかれるメンバーさんたちもいて、目を見張ると同時に安堵したものだ。それには飾紐を使っても飾結びを飾ってもらった。マスコット人形の美夏ちゃんも、いつまでもお正月気分ではいけないと、着替えさせたが、なんと綿のドレスなので、寒そう!!!寒がりの私は見ているだけで風邪ひきそうになったので、大急ぎでショールを編んでくるんだ。やれやれと思った。もっといろいろな服装ができるように作ってやらないといけないけれど、なかなかそこまで手が回らない。なんとかしてやりましょう。
 2021.1.4 元日には届いていたメンバーの皆さんからの冬はがき
2020.1.1
冬はがき交換会への参加者のはがきがピタリ13枚届きました。
私は4~5年ほど前に欠礼はがきを出しているので、そのほかのはがきはほとんど届かない。だから、ゆっくりじっくり見せてもらえます。冬はがき作成の課題は「イラストと画像の合成」と「オリジナル題字」。皆さんそれぞれに苦労されたよう。
私は合成画像もさることながら、オリジナル題字にいつも興味を惹かれる。
今年のものは
「感謝の言葉を大切に」「チャレンジアップ 進化する」「絆が大好きです」「笑門来福」「早牛も淀遅牛も淀」「ギュウギュウと三密を避け笑える年になりますように」「急ぐ時ほどゆっくりと」「牛歩の如くしっかりと地に足をつけて進みましょう」「健康第一三密守り」「うしろを向かず前を向いて進もう」「コロナに挑む世界中の人々」「今をもらって生きている 日々あらたなり、感謝です」「同じ日常 同じ幸せ」。
牛のごとく地に足つけて。と コロナ関係を思わせるもの。あとは好きな言葉などでしょうか。
みんな自分へも出している。自分へのコメントは何と書いておられるのだろう。
ちなみに私は「トシ相応の弱りは仕方がないので、その範囲でできることを考えていきましょうか」と書いている。本当にそう、できることしかできない。その中でどんな脳トレがいいかなと考えている自分がいる。
2021.1.4 毎年の「ボケ防止手帳」の引継ぎ式?
2021.1.1
恒例のごとく2020年の手帳のボヤキと2021年の手帳の怯えとあきらめ。去年の手帳には「ありがとう。一年間よう頑張ってくれたね。最後のほうは布カバーがなかったら崩壊したかもしれないね。」などといい、今年の手帳には、「今年一年よろしくね。十分かわいがってあげるから。」と言ってみる。それにしても最初は「今年こそ自分にもちゃんと読める字できれいに書こう。」と思うのだが、だんだん乱れてくる。後悔している。今年こそ、せめて読める字で!美しい字でなくていいから。今年は初めて初詣を断念した。えべっさんのころに行こうと思っているが、かえって混んでいるかも。時間帯に気をつけて行くなら行こうと思う。